探偵調査員になるためには、結構努力が必要らしい。

探偵調査員になるためには。
探偵調査員の教育に関しての情報サイトです。調査機材の情報なども、合わせて紹介したいと思います。

探偵調査員になるにはどうすればよいのでしょう。
意外と知られていないようですが、ネット求人サイトや就職情報誌に掲載されている探偵調査員の求人を目にして求人へ応募、選考を通過して入社する方法と、探偵学校へ入学して、探偵調査員になるために必要な知識を身につけてから、探偵学校を経営している探偵事務所に入社または、求人を行っている探偵に応募し、入社。他に探偵学校で学んだ知識を元に、最初から独立開業するなどの選択肢があります。探偵学校にも色々な種類があり、どの探偵学校でも同じクオリティの内容を学べるとは限りません。しかし、学校に行くことで集中的に、必要な知識を学ぶにいは探偵学校が向いていそうです。

探偵学校に入らずに、先に探偵調査員の求人に応募して入社した場合、入社後探偵調査員としての勉強を始めることになります。入社してから勉強した方が効率的か?と考えてしまいそうですが、社員としての仕事も並行して行われるため勉強だけに集中することはできません。しかしわからない箇所は先輩からのアドバイスを受けられたり、仕事の流れを把握するには忙しくても内容はありそうです。
「なぁんだ。簡単。」と思いがちですが、探偵調査員の学ぶことはかなり多く、実際の調査で使われる調査方法だけ学ぶのではなく、調査に関連する法律も調査に出る前に、正しく理解しておかなければなりません。
探偵調査員は、依頼があれば全て引き受けて調査を行うわけではありません。法に触れるようなものや、依頼に何らかの嘘や偽りを感じ取ったり見つけた場合、依頼をを断ることもあります。

探偵事務所に入社したり探偵学校で学ぶこととは、探偵業を行う上で、実際に調査に役立つテクニックやスキルだけを学ぶのではなく、適正な調査を行うために必要な法律的知識また、依頼者の問題解決の参考になる民事関連の情報も学びます。
そのような知識を学んで理解した後に、調査に役立つテクニックやスキルを身につけていきます。
 

探偵学校で習うこと
探偵学校では調査に必要な色々な知識、技術を学ぶことができます。
しかし、探偵学校で習う知識や技術には偏りがあります。

ある探偵学校では、尾行調査や張り込み調査の方法に重点を置いてカリキュラムを組んでいるところもあれば、盗聴器発見調査など専門知識が必要であったり、専門の調査機材について詳しく説明をするところもあります。

探偵学校では、一般の専門学校、大学などの教育機関と同じように、学校ごとに習うことができる知識や技術に若干の違いがあります。

そのため、探偵学校に通うことを考えている方は、その探偵学校がどのようなカリキュラムで調査に必要な知識と技術を教えてくれるのか事前に確認しておく必要があります。

また、必要に応じて、「この知識が調査に必要」と感じたら、探偵学校で習う以外で、勉強する方法も見つけておく必要があると思います。

情報リンク
探偵選びメッセンジャー
悪徳業者に引っかからないために知っておきたい情報です。

正しい浮気調査の頼み方
安心して依頼出来る依頼先の選び方について掲載しています。


(c) 探偵調査員の教育情報WEB